Huluの動画見放題ってメリットあるの?作品数から徹底解剖

Huluの動画見放題ってメリットあるの?作品数から徹底解剖

22view

2018.07.23

Huluの動画見放題のメリット

コスパの良さ

Hulu(フールー)の最大の魅力は、国内・海外の映画やドラマ、アニメ、スポーツなどの提供作品数は50,000本を超え、全て見放題という点です。他の動画見放題サービスを謳った会社は、1本レンタルのような追加料金が発生するサービスがほとんどです。そんな中で、全作品が見放題の方針を貫き、月額料金を933円(税抜)に抑えられている点で、コスパの良さが際立っています。

HD画質に対応

HD画質とは、画面のきめ細かさを表していて、「画面解像度」が高いことを指します。つまりテレビやパソコンを始め、ほとんどの機器に対応している高解像度の画質です。Huluでは全作品がこの画質に対応しているため、快適に視聴できます。

吹き替え版

海外の映画やドラマを見る際に、必要とされる方がとても多いのが、吹き替え版の存在です。Huluは他の動画見放題サービスに比べて吹き替え版が多いのがメリットです。海外番組をメインに考えている方にとって、Huluは間違いなく検討すべきサービスのひとつといえるでしょう。

ジャンルごとの動画見放題の作品数を一挙公開

洋画

まずは海外映画からみていきましょう。見放題の洋画は全体で420作品以上にものぼります。細かくみるとアクション系は285作品、ホラー系90作品、サスペンス・ミステリー系250作品、SF系110作品以上です。他にヒューマン系は310作品、恋愛系80作品、コメディ系145作品、アニメ系20作品以上です。

新作公開された映画がすぐにHuluで見られるという訳ではありませんが、一部の作品は比較的早く見られます。

欧米の海外ドラマ

欧米の海外ドラマの見放題作品数は320作品以上です。海外ドラマは配信開始のスピードが早めです。海外で放送終了後、タイムリーに世界で配信する作品もあります。吹き替え版に関しては、一世を風靡した「24」や「プリズンブレイク」などの作品は、吹き替えが揃っています。

現在、爆発的人気の「ウォーキング・デッド」も最新エピソードまで吹き替えが出ています。他の動画見放題サービスでは、最初のシーズンまでしか吹き替えが出ていない場合がほとんどですが、やはりHuluは吹き替えに力を入れていることが確認できます。

韓国・アジアドラマ

韓流ドラマの人気は現在落ち着いていることに合わせて、見放題作品も60作品以上と少なく感じます。有名作品はしっかり押さえている印象です。

邦画

続いては国内映画をみていきます。邦画全体は1070作品以上にものぼります。サスペンス・ミステリー系は140作品、コメディ系210作品、ヒューマン系490作品、恋愛系105作品、SF系85作品、ホラー系60作品以上です。

洋画と同じく、映画館での公開終了直後の配信はなく、新しい映画はごく一部となります。それでも邦画は1,000作品を超えますので、見逃していた作品や久しぶりにもう一度見たい作品などは多いのではないでしょうか。

国内ドラマ・TV

国内ドラマ・TVは780作品以上あり、ジャンル別ではコメディ系は100作品、恋愛系65作品、ヒューマン系330作品、サスペンス・ステリー系95作品以上あります。

他にスポーツ系は45作品、ホラー系15作品、お笑い・バラエティ系135作品、ご当地テレビ番組系40作品以上あります。フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD」と競合関係にあるため、フジテレビ系の番組がほとんどありません。ただその点を除けば、コンテンツ数はかなり豊富といえます。
Huluオリジナルの日本向けドラマは、有名な俳優を起用した作品が増えている点も見逃せません。

アニメ

すべてのTVアニメシリーズは195作品、アニメ映画は135作品以上です。アニメのジャンルも細かくみていきます。

アクション・アドベンチャー系は125作品、SF系125作品、ファンタジー系90作品、サスペンス・ホラー系25作品、コメディ系80作品以上です。また、青春・スポーツ系は80作品、恋愛系30作品、キッズアニメ系105作品以上です。アニメを全シリーズ見ようとすると、オンライン配信であっても、かなり高額になることが多い中で、Huluは全シリーズを月額内で見ることができます。

以上、動画見放題サービスを契約するなら、全作品が見放題のHuluが一番安心できるのではないでしょうか。ぜひ動画ライフを心行くまで楽しんでください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る